ローヤルアイム 体験談

今や定番人気のアイプにもなっているローヤルアイムは、

「人工皮膜」を作るという方法で二重にするんです。

普通のアイプのように、まぶたを糊付けるようなイメージではなくて、

まぶたに人口皮膜を作って、自然に二重まぶたを作るようにする方法です。

eyem1

人口皮膜の部分(アイムを塗った部分)と素肌の間の部分に二重のラインが出来て、

自然に織り込まれるアイプなんです。※ここが従来のアイプとは違います。

アイプの中では数少ないお勧めできるアイテムなので、

ここでしっかり体験談も踏まえて紹介します。

 

実際にローヤルアイムを使ってみて

私の場合は、二重まぶたが出来上がってからこのローヤルアイムを使うようになったのですが、ライン調整などでも使用できるため結構効果は高いと実感しています。

私が、二重まぶたにする方法を教えている友人の中には、

ローヤルアイムを使い続けて二重のラインが濃くなったという友人が3人もいます。

私自身も二重のラインを調整したいときにはこのローヤルアイムを今も使用しています。

でも、実際に使用するまではちょっと抵抗があったりもするんですよね。

本当に効果があるのかな。とか。自分に合うものなのかな。とか。

なので、私自身が、実際に使用してみての良い部分、悪い部分を紹介したいと思いました。

※友人の体験談も合わせて紹介します

 

【実際に使用してみての体験談(良い部分と悪い部分)】

ではでは、体験談を紹介していきますね^^

まずは良い部分から。

 

◆良い点

良い点その1 【まぶたをくっつけないので二重作りに効果的】

先ほどもお伝えしましたが、まぶたを直接くっつけるわけではないので、ローヤルアイムを使用し続ける事で、まぶたの筋肉も鍛えられ、自然な二重のラインが形成されやすくなります。

これは、私も商品の特性(人工皮膜を作る方法)を知る前は懐疑的だったんですが、本当に二重のラインを作ったり、調整するための助けになるぞ!と気分が高揚した思い出があります。

くっつけるタイプのアイプにありがちな、皮膚が炎症を起こしたりするリスクも低くなります。

良い点その2 【目を閉じてもバレない】

まぶたをくっつけるわけではないので、目を閉じた場合でもアイプをしていることはバレません。これってみんな結構恐怖ですよね。眠っていてもぜーんぜんバレることがないアイテムです。

気づいたら眠ってしまっている事って結構ありますからね^^;

付け過ぎると、ちょっとテカる印象がありますが、適量なら大丈夫です。

良い点その3 【水に強い】

個人的にローヤルアイムの凄いなと思うところは、水に強いと言うところです。

水などが飛んでそれがまぶたについたとしても簡単にはがれたりする事はありません。※個人的に使っていて一度もないです。

お化粧直しなどをする場合に、意外と水分がまぶたに飛んでしまう事ってあるんですよね。あと、急に雨が降り出した時とか。

なので、普段からお化粧道具の1つとして使用することもできます。

アイプチを使っての二重まぶたの形成と言うのは、個人的には今まであまりお勧めしてこなかったのですが、このローヤルアイムの二重まぶたの作り方であれば結構効果的ではないかなと思っています。

良い点その4 【乾きやすい】

これは個人的な感想なのかもしれませんが、塗った後に乾きやすいんです。

アイプは基本的にべたべたしたものが多い印象なのですが、ローヤルアイムだとすぐに乾いて、さらさらする印象があります。※付け過ぎるとたぶんべたべたしますよ^^;

オススメは、冷風のドライヤーでさっと乾かすのがいいと思います。

化粧を急いでいる時などは本当に助かります^^

 

◆逆にマイナス点

マイナス点その1 【多少二重のラインができていないと効果がでない?つけすぎ注意】

これはあくまで個人的な意見なのですが、まぶたを直接くっつける訳ではないので、多少はまぶたの筋肉がついた状態で二重のラインが形成されていないと効果でにくい事があると思います。

そのため、無理をして大量にローヤルアイムを付けてしまう事があります。

大量につけると、自然な二重のラインが出にくくなるので、適量を使いながら、二重のラインを自然に濃くする様にした方がいいと思います。

逆に言うと、二重のライン作りに必要な筋肉を鍛えたり、しながらまぶたのクセ付けができるものだとも思っています。

マイナス点その2 【適量が分かりにくい?】

マイナス点のその1と同じような内容になるのですが、最初は適量が分かりにくいかもしれません。

個人的には、さっと付ける!というくらいでいいと思います。

まずは、本当にこんな程度の量でいいのかなという位で。

量が分かってきて扱い方が理解できれば、少しずつ二重のラインが形成しやすくなります。

マイナス点その3 【普通のアイプに比べるとお値段高め】

普通のアイプに比べると少し高い印象があります。

ただ、一度に使う量が少なめなので、適量で使い続ければ、そこまで気にしなくても良いかなとも思っています。

安物に比べると断然効果が高いと個人的には感じているので、これはしょうがないかもしれないです。

 

◆トータルでは、なかなか良いと思うローヤルアイム

トータルでは、なかなか良いと思います。

最初は私も抵抗はあったんですが。※アイプ自体に^^;

アイプは皮膚のたるみの原因になるものも多くて、中にはあまりオススメできないものもあるんです。自力二重を作る上で逆効果になる様なものも。

でも、ようやくアイプの中でも、簡単に使えてオススメできるものがでてきた印象です。

若いころはこんな商品はなかったなぁ~。

それに、アイプは店頭で購入するのが少し恥ずかしいという方もいますが、今はネットで買う事もできるので、それは精神的にも気楽かもしれません。私はそこまで気にしませんが、気にする気持ちはよく分かります。

また、店頭ではなかなか販売していなかったりもするのですが、ネット購入は在庫さえあれば購入できる点が気楽に感じます。

個人的には、ローヤルアイムだけでではなくて、マッサージや目の周りの筋トレもしっかりと実践した方が効果が倍増すると思います。

なので、マッサージと筋トレも忘れずに ^^;笑

二重作りを加速させる!という意味では本当に効果が高いので、良いと思います。※補助アイテムとしては本当に素晴らしいと思いますよ

私の様に二重のラインを調整するために使用されている方も多いですし、今や愛用アイテムになっています。

 

こちらが実際のローヤルアイムです。

ローヤルアイム

こちらはちょっと小さなタイプ。

ローヤルプチアイム(4ml)

※もし購入する場合は、購入画面で、定期購入のコースも画面出る事があるので、単品購入の場合は購入方法を間違わない様にして下さいね。「通常の注文」を選択すると単品購入になると思いますので、購入時にしっかりとチェックを^^

 

まとめ

今回は、ローヤルアイムについて紹介をしました。

オススメできる効果的なアイテムではありますが、アイテムに頼りすぎず、自分自身でもまぶたの筋肉を鍛えることや、マッサージも怠らないようにしてくださいね。

なにごとも継続が大事です。ただ、私も二重作りを実践している友人によく言う事なのですが、何事も焦り過ぎはよくないです。

自分のペースで全然良いので、二重作りを実践していきましょう。

今回紹介したローヤルアイムは、長い付き合いができそうなので、そういうアイテムを上手に使っていくのが良いと思いますよ^^


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す